制作記録

制作記録・創作についての備忘録

Ferrari 360 modena 制作記 Part8(完成編)


IMGP0597

タミヤ製 1/24『Ferrari 360 modena』ここに完成を宣言します。
以下、写真を置いておきます。


IMGP0598

IMGP0593

IMGP0595


IMGP0594

IMGP0602

IMGP0605

IMGP0599

コメント

目標は前回同様、完成まで持っていくことでした。
今回は前回より少しだけボディの仕上げに手を入れました。
他は説明書通りです。
製作期間は延びたものの、ボディの艶は最低限満足のいくものに
なりました。
しかしながら、まだまだ力量不足を感じています。


毎度毎度、キットの出来の良さに助けられています。
ストレスなく、楽しんで制作することが出来ました。

また1台、憧れの名車を手に入れられたことをうれしく思います。
また次回まで、しばし休憩。





Ferrari 360 modena 制作記 Part7


仕上げの組み立てに入ります。

ライト、ミラー等ボディ周りのパーツを取り付けていきます。
慎重に作業を進めます。
IMGP0589

シャーシとボディを組み、墨入れなどを施していきます。
IMGP0590

次回、完成編です。
IMGP0591

Ferrari 360 modena 制作記 Part6

ボディの仕上げに入ります。
窓部分の淵の黒部分ですが、
今回はハセガワから出ている、曲面追従シート
のつや消し黒を貼ることにより処理しました。

IMGP0579


窓ガラスの部分もマスキングして塗装していきます。
地味に面倒な作業です。
IMGP0585

完成が見えてきました。
IMGP0587

Ferrari 360 modena 制作記 Part5

ボディの研ぎ出しを行います。
使用したコンパウンドは以下の3種類です。
・タミヤ コンパウンド 細目
・タミヤ コンパウンド 仕上げ目
・ハセガワ セラミックコンパウンド

以下の写真の様に艶のある表面となります。
IMGP0577

IMGP0548

ボディは最後の組み立て後に、ハセガワのコーティングポリマーを
使用します。

シャーシのほうはエンジン周りが完成しました。
IMGP0568

Ferrari 360 modena 制作記 Part4

ボディの研磨を行います。
まず1500番→2000番のペーパーで
大きな凹凸を馴らしていきます。
IMGP0549

ペーパー掛け後、
下の写真のようにつや消しになります。
IMGP0569
ボディはこの後コンパウンドで磨きます。

IMGP0562
内装はここまで仕上がりました。

Ferrari 360 modena 制作記 Part3

ボディ色の上からクリアー塗料を吹きます。

IMGP0551


ボディを乾燥させている間にシャーシの組み立て、
塗装を進めます。

IMGP0545


IMGP0556








Ferrari 360 modena 制作記 Part2

ボディの塗装を進めます。

IMGP0542

まず、下地としてフィニッシャーズのファンデーションピンク
を塗装。

IMGP0542a

続いてボディカラーを塗装します。
今回は明るめの赤として、フィニッシャーズのルミレッドを
選択しました。

IMGP0543
まず、エッジや奥まった部分に塗料を乗せていきます。

IMGP0544
全体を2,3度塗り重ね、しばらく乾燥させます。




Ferrari 360 modena 制作記 Part1



次の制作記です。

IMGP0539


タミヤ製 Ferrari 360 modena

前回よりほんの少しだけ手を入れたいです。
基本は簡単に作ります。
まずは完成を目指したい。

IMGP0540

塗装前に組めるパーツは組んでいきます。
これはエンジン部分。

IMGP0541

ボディは全体にヤスリをかけ、パーティングライン消しとヒケ取り、
塗装前の下地作りです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ
制作記録