制作記録

制作記録・創作についての備忘録

音楽の聴き方の変化について

IMGP1513

DTMを始めて、早3年が経とうとしている。
模型、自転車等の趣味と平行し、細々とやっていた。
しかし八丈島の旅の後、今に至るまでの2ヶ月の間に、
趣味の時間のほとんどを楽曲製作と音楽理論やDTM知識の習得に
明け暮れるようになった。
島で何か悟ったのであろう。

それまでは、勝手がわからない中、手探りで製作を行っていた。
現在では、音楽製作に対する見通しが、霧が晴れるように
明確になったと実感している。
無論、未だ発展途上だが、DTMの初心者の領域からは、
完全に脱することが出来たのではないかと自負している。
今後は今までの遅れを取り戻せるよう、楽曲製作を通して
得た知識を実践して、習得していきたいところだ。


最近、以前とは異なる音楽の聴き方をするようになった。
楽曲を分析する観点から聴くようになったといえば良いだろうか。
曲の構成、各パートのバランス、定位、ベースやバッキングの動き、
楽器やコーラスの使い方など、楽曲製作のアイデアにすべく聞き込む
ことが多くなった。

今まで好き好んで聞かなかったジャンルの音楽にも積極的に
耳を傾けるようになった。
街中で流れているような安易なBGMでさえ、
『自分がその曲を製作可能か、するとしたらどうするか?』
という観点から考察すると、非常に興味深く傾聴することができる。

音楽製作を本格的にするようになって、音楽の楽しみ方が広がったように感じるのは事実だ。
日々精進しながら、すばらしい楽曲が出来るよう製作に励もうと思う。


















タグクラウド
  • ライブドアブログ
制作記録